腕時計を目指すスマートウォッチ|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchの登場で一気に注目を浴びる存在となった腕時計型のウェアラブル端末「スマートウォッチ」。これまで様々な製品が登場したものの、Apple Watchは初回予約が300万台と過去の各社の製品の販売数を一気に抜きさり、スマートウォッチでもシェアトップの製品になろうとしている。Apple Watchに対抗しようと各社から様々な新製品が登場しているが、最近目立っているのは機能よりもデザインを重視した製品だ。

アナログ時計に機能を加えたWithings

日本でも製品販売を開始するWithingsのスマートウォッチは機能は少なく、歩数を計測できる他に目標運動量を0から100%の間で時計の文字盤で表示できる。しかも時計で計測した歩数はスマートフォンにまとめてデータ送信され、一般的なスマートウォッチのようにリアルタイムに確認することはできない。だが実際に運動量を常時確認したいのはスポーツをするときくらいであって、日常生活ではその日の夜にまとめて1日の歩数がわかれば十分だろう。

美しいアナログ腕時計デザインのWithings Active

美しいアナログ腕時計デザインのWithings Active

Withingsのスマートウォッチは2014年登場の「Active」と今年登場の「Activite Pop」の2種類。どちらも見た目は普通のアナログ時計だ。電池は充電式ではなく、通常利用で8か月間利用できる。日々の充電が不要なだけではなく、腕時計として違和感なく毎日利用できるデザインをしているのだ。同社はフランスのメーカーで、デザインはさすがフランスと思わせる美しさ。ちなみにActiveはスイス製の時計モジュール、サファイアグラスを採用した高級モデルという位置づけで、価格も6万円台とApple Watchに並ぶ高価格帯の製品となっている。

Apple Watchは様々な機能を持ったデジタル機器であるのに対し、Withings Activeは簡易機能に留まるアナログ腕時計だ。しかし両者を比べてみると、腕時計としての使い勝手と美しさを追求したWithisngsに対し、デジタル機器を高級な腕時計デザインへと仕上げたAppleのアプローチは全く異なっている。Apple Watchは確かにiPhoneとペアリングして様々な機能を提供してくれるが、日々腕時計をはめているだけで自分の運動量を計測してくれるWithingsのスマートウォッチのほうが、自然に使い続けることができるようにも感じられる。何と言っても毎日充電する必要はないのだ。

ミラノで行われたApple Watch展示会会場

ミラノで行われたApple Watch展示会会場。高級腕時計を目指しているがWithingsとはアプローチが異なっている

腕時計デザインがスマートウォッチ普及を後押し

スマートフォンと連携してメールや予定を表示したり、あるいは運動量を常時計測する、スマートウォッチはそんな製品として誕生した。そのためこれまでの製品デザインはどうしても「腕にはめるIT機器」から抜け出せないものが多かった。

だが2014年後半あたりからそれを打ち破るデザインの製品の登場が相次いでいる。例えばLGは初代スマートウォッチ「LG G Watch」はリストバンドに大型ディスプレイを搭載したような製品で、カジュアル感はあるもののスーツ姿にはちょっと似合わないデザインだった。だがその直後に投入した「LG G Watch R」は一転して円形ディスプレイに高級スポーツ腕時計ライクなデザインを取り入れ、スマートフォンと連携せずともそのまま腕時計としても使いたくなるようなデザインを採用。他社のスマートウォッチには無いそのルックスで大きな話題となった。

LGのスマートウォッチ。初代モデル(左)と後継のLG G Watch R(右)ではデザインが大きく進化した

LGのスマートウォッチ。初代モデル(左)と後継のLG G Watch R(右)ではデザインが大きく進化した

ASUSが発売した「ZenWatch」も角を取ったスクエアなデザインが女性に人気だという。そのASUSは機能を落とし電池の持ちを高めた「VivoWatch」を続けて発表。電池の持ちが10日間に伸びたことで、毎日手軽に使うことができそうだ。またHuaweiが発表した「Huawei Watch」もぱっと見ると腕時計にしか見えないデザインをしている。

最初から腕時計デザインを採用したHuawei Watch

最初から腕時計デザインを採用したHuawei Watch

一方では大手腕時計メーカーのTag Heuerが今年下半期にスマートウォッチの販売を計画している。OSにAndroid Wearを採用することから文字盤が液晶となるデジタル腕時計となるものの、デザインや材質は高級感あるものを採用しスマートフォンメーカーの作るスマートウォッチとは比べ物にならない製品となるだろう。もちろん価格も高いものになるだろうが、それだけの価値を持った製品として出てくるだろう。

他の腕時計メーカーにはスマートウォッチ参戦の動きはほとんど見られていない。だがWithingsのようなアナログ時計をスマート化した製品が今後増えれば、いずれは有名ブランドからもスマートウォッチも登場するかもしれない。スマートウォッチはまだ誕生したばかりの分野の製品であり、Apple Watchが登場したものの決定打と言える製品ではない。

今後数年間は各社から様々な機能、デザインを持った製品が相次いで登場するだろうが、何よりも重要なのは消費者が「購入したい」「使いたい」と思う製品を提供することだ。今までのスマートウォッチ製品が普及しなかったのは機能の充実以前に、毎日使いたいと思わせるだけのデザインの製品が無かったからとも考えられる。腕時計デザインの製品はスマートウォッチを普及させる起爆剤になる可能性を秘めており、今年登場するスマートウォッチは腕時計にしか見えないような製品が相次ぐことになるだろう。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

付帯サービスは“ブラックカード級”!セレブ御用達のスマホサービスとは?

付帯サービスは“ブラックカード級”!セレブ御用達のスマホサービスとは?|池端隆司のモバイルジャンクション

前回、格安SIMやSIMフリー携帯の話をしました。今回は敢えてその逆を行ってみたいと思います。

記事を読む

iot02

慶應義塾大学×藤沢市のIoTとスマートシティに関する取り組み|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる11月中旬、東京都内で「IoTのスマートハウス、スマートシティへの展開 ~居住空間から地域社会に

記事を読む

スマートフォンとしても超ハイスペック、しかもLeTVの番組もワンタッチで見ることができるLeTV Max

コンテンツ企業がスマホを売る、LeTVの試みは軌道にのるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンを製造するのは家電メーカーや携帯電話メーカーだ。最近ではAmazonがタブレット「Ki

記事を読む

WR171101_02

モニタ搭載が進むスマートスピーカーはこれからスマホ化が進む|山根康宏のワールドモバイルレポート

話しかけるだけで天気やニュースを読み上げてくれたり、家電のコントロールができるスマートスピーカー。

記事を読む

カシオ EQB-500

これからのスマホ、これからのウェアラブル|池端隆司のモバイルジャンクション

みなさん、こんにちは池端です。 突然ですが最近、コンピューターの歴史を振り返る機会がありました。ハー

記事を読む

こんな風に1回数分、できたら1日数回使用することで、視力回復トレーニングができるとか。ほんまかいな?!

スマホを使って眼のストレッチ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

現代社会において、もはやスマートフォンやパソコンのディスプレイを見ながらの作業は避けられません。こう

記事を読む

17.3インチのAlcatel OneTouch Xess。どちらの製品も背面に取っ手がついている

超大型タブレットがTVのスマート化を加速、18インチタブレットが相次いで登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

タブレットの大きさは7インチから10インチが一般的だ。Appleが11月に発売した『iPad Pro

記事を読む

香港を中心に世界に流通する中古スマホ(概念図) 出典:オークネット総合研究所

中古スマホはどこへ行く?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

MM総研によると、2014年度にわが国で出荷されたスマホは2,748万台となっているそうです。もはや

記事を読む

WR180701

1万円のスーパーフィーチャーフォンがあれば、スマホいらずの時代が来る?|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンの値段も気が付けば10万円を超えるものが珍しくなくなった。「格安スマホ」と呼

記事を読む

今月初旬にソウルを訪れた際にロッテ百貨店で見かけたGALAXYショップ。もちろん、スマホのほうは別フロアです。

サムスン「GALAXY」の意外なブランドルーツ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

日韓関係が冷え込んでいるのが気になる日々ですが、私は以前から韓国にも友人が多く、年に1~2回は渡航し

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑