激安タブレットの次は3000円スマホ、スマホはコンビニ販売が普通になる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やスマートフォンが無料で買えるのは当たり前だが、当然のことながら2年契約が必要だ。またスマートフォンがタダな代わりに毎月の基本料金は1万円近くになってしまうケースが多い。このような販売方法は日本や欧米などの先進国でよく見かけられる。

インドの激安スマホの実力は?

これに対して新興国や途上国では、毎月の基本料金が1000円以下でスマートフォンを利用しているユーザーも多い。通信事業者側もこんなに安い料金では、ハイスペックなスマートフォンを低価格で販売するのは難しい。そこでこれらの国では単体で買える、SIMフリーの1万円台の低価格なスマートフォンが人気になっている。この価格の製品ならば、分割払いしても毎月必要なのは1000円程度、低所得者でもなんとか買える金額だ。

だがインドでそんな低所得者でも簡単に一括購入できる、さらに低価格な激安スマートフォンが発売された。それがDatawindの「PocketSurfer 2G4」だ。価格はわずかに1999ルピー、約3800円。この価格は当然のことながらSIMフリーである。

もちろんこの価格を実現するために性能はかなり抑えられている。CPUはシングルコアの1GHz、ディスプレイは3.5インチ、カメラは30万画素(300万ではない)だ。そして通信方式も2GのGSMのみと、先進国では商品価値は無いに等しい製品だろう。

Datawindの3000円スマートフォン

Datawindの3000円スマートフォン。低スペックだが低所得者でも楽に買えるのは現地で大きな魅力だ

しかしインドのような新興国や途上国では、まだ携帯電話すら持っていない国民も多数いる。使い古された中古のフィーチャーフォンを修理しながらだましだまし使っているようなユーザーもまだまだ多いのだ。「世界中の誰もがインターネットにつながり、情報共有やメッセージをシームレスにやり取りできる」。iPhoneがあればそんな世界が現実のものになるように思えるだろうが、それは先進国の一方的な発想だ。新興国や途上国ではこのような低価格スマートフォンがインターネットへの窓口を開いてくれるのである。

実はこのDatawindは2011年にインド政府と共同で、当時として世界最安のタブレット「Aakash」を発売したこともある。Aakashはインドの学生のインターネット利用を大きく促し、学生のITリテラシー引き上げに大きく役立った。そして今回は国民全体をターゲットにすべく、格安スマートフォンの開発・販売にこぎつけたのである。

なお上位モデルの「PocketSurfer 3G4」なら価格は2999ルピー(約5710円)とちょっと高くなるものの、ディスプレイは4インチ、500万画素カメラに3G対応とそれなりに使える製品になっている。

Datawindのスマートフォンラインナップ

Datawindのスマートフォンラインナップ

LTEスマホも9000円で買える時代に

遠いインド、しかも低スペック製品の話ではなんとなく日本には関係の無いことと思われるだろう。と言うことでお隣の中国の低価格スマートフォンの状況にも触れておこう。中国と言えばXiaomi(シャオミ)というメーカの名前が日本でもよく聞かれるようになってきた。中国のアップルとも言われるが、その戦略はアップルとは真逆であり、アップルを真似したから成功したと勘違いしてはしっぺ返しを食らう。

Xiaomiの成功理由には様々なものがあるが、この1年の大躍進を支えているのは低価格スマートフォンの存在だ。Xiaomiにはメーカー名と同じ「小米(Mi)」と、もう一つの「紅米(RedMi、HongMi)」という2つの製品ラインがある。このうち爆発的に売れているのは低価格品の紅米で、値段は中国人民元で1000元(約1万9200円)を切る。もちろんこれも単品販売、SIMフリーである。

紅米の上位モデル「紅米Note」は5.5インチディスプレイ(解像度HD)に1300万画素カメラを搭載、LTE/W-CDMA/GSM対応。価格は上位モデルが899元、約1万7250円で2万円以下で買えてしまう。

日本でも十分通用する紅米Note

日本でも十分通用する紅米Note

とはいえこの価格なら、日本でもうちょっと出せばASUSのZenFone(2万円台後半)が買える。紅米Noteの値段は確かに安いが「まあ中国だから少し安いんでしょ」というレベルかもしれない。しかし低価格化はこのXiaomiの予想を超える勢いで進んでおり、この半額レベルの製品も続々と登場しているのである。

実は中国のスマートフォンは、Xiaomiが初代の「紅米」を2013年夏に発表してから、着々と価格下落が起きているのだ。当初は1000元切りで3G対応だったものが、LTEに対応し、900、800、700と少しずつ値段が下がっていった。最近では日本でもノートPCやタブレットでおなじみのLenovoが真っ黄色のボディーが特徴の「K3」というLTE対応スマートフォンを2014年末に599元で販売するに至っている。日本円にするとわずか約1万1500円だ。

LenovoのK3、ニックネームは「レモン」

LenovoのK3、ニックネームは「レモン」

こうなると1万円を切るLTEスマートフォンがいつ出てもおかしくない状況だが、2015年春には数社から相次いで499元、約9580円の製品が登場した。この値段はもはや先進国ならコンビニで売ることも十分できる価格だろう。スペックはまだ低いものの、各社の競争が激しくなればディスプレイやカメラの性能はさらに良いものになっていくだろう。これら中国メーカーの低価格・高性能なスマートフォンはアジアを中心に着々とユーザー数を増やしている。

TCLのP332Uは4.5インチFWVGAディスプレイに300万画素カメラ、LTE対応で499元

TCLのP332Uは4.5インチFWVGAディスプレイに300万画素カメラ

ハイスペック・高品質なスマートフォンはこれからも無くなることは決してないが、スマートフォンを消耗品感覚で使いたいと思う人もいずれ増えてくるだろう。そしてその需要は先進国にも広がるはずだ。今年の年末には日本でもMVNO向けに1万円を切るSIMフリーのLTEスマートフォンが販売されているかもしれない。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

モバイルコンテンツ市場規模(出典:MCF)

まだまだ成長を続けるモバイルコンテンツ市場|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

さる8月24日、モバイルコンテンツ配信事業を行う企業が参加する業界団体・一般社団法人モバイル・コンテ

記事を読む

事業者との契約をiPad上から自由に選べるApple SIM。現在はiPadのみ対応で、契約期間も短期に限定

スマホ割引販売が無くなる?Apple SIMは脱インセンティブ販売を広げるか|山根康宏のワールドモバイルレポート

日本でスマートフォンを購入する場合、通常は通信事業者と2年契約を結ぶことが一般的だ。2年契約により端

記事を読む

よく見ると4Gと3Gを同時に待受けしている。日本で使えば有用な機能だ

2つのドコモ回線が同時に利用可能、デュアル待ち受けスマホで市場はどう変わる?|山根康宏のワールドモバイルレポート

最近のスマートフォンの中にはSIMカードが2枚入るものも増えている。だが片側は日本では利用できない2

記事を読む

新iPhoneおよび、iOS 8へのアップデートで搭載された純正アプリ「ヘルスケア」。ホーム画面に並ぶということでアップルの本気度が分かりますよね

iPhone 6 を使って一番驚いたこと|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

iPhone 6/6 Plusが発売され、そろそろiPhoneを巡る話題も落ち着いてきた頃合だと思い

記事を読む

ガラケー感覚でスマホを操れます

ガラホ?それともスマケー? FREETEL「MUSASHI」を衝動買い|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

MVNOの台頭とともに、SIMフリースマホが日本でも普通にラインアップされる時代となって、とてもワク

記事を読む

単体で通話や通信ができるLG Watch Urbane 2nd Edition

スマートウォッチにLTE、高速通信対応でウェアラブルが変わる|山根康宏のワールドモバイルレポート

Apple Watchを始めとする腕時計型のウェアラブルデバイス、いわゆるスマートウォッチの多くはス

記事を読む

MWC2015で発表されたGalaxy S6とS6 edge

Samsungの反撃体制がようやく整ったMWC2015|山根康宏のワールドモバイルレポート

世界最大のモバイル関連イベントである「Mobile World Congress 2015(MWC2

記事を読む

LTE新規参入の台湾之星は3G事業者と合併した

終焉を迎える台湾のWiMAX、貴重な2600MHzが解放に|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年6月にLTEサービスが始まり、各社のハイエンドスマートフォンが続々と販売されている台湾。そ

記事を読む

1

コンテンツの対象端末の選定にお困りの方へ ~正しい対 象端末の選び方~

 今現在国内の主要キャリアから280種類程度のスマートフォンが販売されており、その中の235機種程

記事を読む

170402_01

新製品はApple Watchそっくり。シャオミが目指すウェアラブルのビジネス|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートウォッチ・ウェアラブルデバイス市場はここのところ大きな話題に欠けている。最近の大きな話題は2

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑