Samsungの反撃体制がようやく整ったMWC2015|山根康宏のワールドモバイルレポート

世界最大のモバイル関連イベントである「Mobile World Congress 2015(MWC2015)」が3月2日から5日まで、スペインで開催された。世界中から9万人の来訪者を集めたMWC2015は、今年のモバイル業界の動向を見るのにも最適なイベントである。端末メーカーもMWC2015に合わせて新機種を発表するのが毎年恒例のことだ。

真のフラッグシップモデルを投入したSamsung

各社の新製品の中で一番の話題を集めていたのがSamsung。最近のSamsungはハイエンド、ミドルレンジ、エントリーとすべての製品で他社との競合が激しくなっており販売台数も下落が続いている。MWC2015では新型モデルを発表し反撃に出ると見られていたが、その新モデルは期待通りのフラッグシップ製品となった。
MWC2015で発表された製品はGalaxy S6とGalaxy S6 edgeの2機種。どちらも64ビット対応の高速CPUや高速通信のLTE Cat.6対応、高解像度ディスプレイに大容量メモリ搭載などハイスペックに満ち溢れた製品である。しかもS6 edgeは側面を落とした曲面ディスプレイを採用したことで今までのスマートフォンには無いデザインを提供、しかも本体を持ちやすくしている。またこれら機能向上だけではなく、急速充電やワイヤレス充電に対応するなど使いやすさも大きく向上した。

MWC2015で発表されたGalaxy S6とS6 edge

MWC2015で発表されたGalaxy S6とS6 edge

だが両モデルの魅力は実はそれだけではない。本体は背面もゴリラガラスで覆い、その下には特殊なカラーフィルムを配置することで端末を見る方向からその色合いが様々に変化する。そして側面とフレームは金属素材を採用。高級感のあるプレミアムな製品に仕上がっているのだ。高性能モデルとなったGalaxy S6両機種はSIMフリーで10万円近い価格となるだろうが、その価格に見合っただけの高品質な製品と言える。

今までのSamsungのスマートフォン上位モデルは確かに高機能だった。しかし本体はプラスチック素材を多用し金属モールド調の素材を側面に採用などしていたがiPhoneやXperia上位モデルに比べ質感で劣っていた点は否めない。Galaxy S6とS6 edgeは外見・質感もようやく「本物」と呼べる製品になったと言えるだろう。

プレミアムな質感に最高の機能、曲面ディスプレイのGalaxy S6 edge

プレミアムな質感に最高の機能、曲面ディスプレイのGalaxy S6 edge

100種類の製品を一気に統廃合

しかしこのS6新製品だけで他社との競争を勝ち抜いていくのは難しい。日本ではSamsungはハイエンドスマートフォンメーカーと言う印象があるが、実は同社が世界シェア1位を維持しているのはハイエンドからミドルレンジ、そしてエントリーモデルまで広げている豊富な製品ラインナップだ。Samsungは今回のGalaxy S6とS6 edgeの投入で、下位の新シリーズの位置づけもはっきりと明確なものにした。これまで年間100機種ちかくを出していたラインナップの統廃合も一気に進める予定だ。

SamsungといえばGalaxyブランド。日本ではそれは「Galaxy Sシリーズ」と思われているだろう。だが東南アジアなどではミドルレンジやエントリーモデルも多数のラインナップが提供されており、Galaxy S以外のモデルのほうが圧倒的に多い。その一例を見てみると、

  • Galaxy Max
  • Galaxy Pocket
  • Galaxy Grand
  • Galaxy Ace
  • Galaxy Star
  • Galaxy Core
  • Galaxy Young
  • Galaxy Mega

等々だ。しかもそれぞれに「Gland Prime」や「Ace NXT」「Star 2 Plus」のように派生モデルが多数存在する。これら多種多様な製品は消費者個々にぴったりの製品を提供するという点では今まで優位に働いていた。しかし低価格な新興メーカーの製品が昨年あたりから各国で登場し、消費者側も「多少自分の好みに合わなくとも、価格が安いからいいだろう」と、Samsungの個別モデルよりもそれらを選ぶようになっていってしまったのだ。また製品ラインナップの多さは生産コストはもちろんのこと、在庫の面でも不利に働いてしまう。

Galaxy Ace StyleとGalaxy Ace 4

Galaxy Ace StyleとGalaxy Ace 4。新興国では製品数も多いがモデル名も複雑化している

そこでSamsungはミドルレンジモデルを中心に製品ラインナップの方向転換を行うことにした。MWC2015でも実はSamsungブースで大きく展示されていたのはそれらの製品だ。

まず「Galaxy S」は唯一無二のフラッグシップ製品として、プレミアムかつハイスペックな最上位モデルという位置づけにした。高級感ある外観の高価格モデルとして先進国での販売に注力すると共に、新興国では「あこがれの端末」という位置づけも担う。

その下には「Galaxy A」と「Galaxy E」の2つのモデルが位置する。この両モデルは2014年末から相次いで市場に投入された製品である。Galaxy Aは価格を抑えながら金属ボディーを採用したコストパフォーマンスの高い、ちょっとした高級感を味わえるモデル。一方のGalaxy Eはより価格を抑えた幅広いユーザーに提供する製品となる。

従来のGalaxy Sシリーズと同じ質感のGalaxy Eシリーズ

従来のGalaxy Sシリーズと同じ質感のGalaxy Eシリーズ

そしてさらには、両モデルとも画面解像度やカメラスペックごとに「A7」「A5」「A3」そして「E7」「E5」「E3」とそれぞれ3つのバリエーションを提供する。従来であれば、これら6種のモデルすべてに異なる愛称が付けられていたが、2015年からは「A」「E」と2つのラインに集約し、しかも数字が大きいほどハイエンド、とわかりやすいラインナップになる。

これで消費者もSamsungのショップに行けば製品名を見るだけでだいたいの機能やスペック、価格がわかるようになる。しかも店の中央にGalaxy S6が置いてあれば「いつかはこれが欲しい」と、Samsung製品全体にあこがれるようになるだろう。Samsungはこの他にも日本でも発売されている「Galaxy Note」シリーズを有しており、海外で人気のファブレットもカバーしている。

圧倒的なブランド力と使いやすさを武器に少数モデルで先進国を中心にシェアを高めているAppleと、圧倒的な低価格で攻勢をかける新興メーカー。この2つの流れにSamsungが対抗していくためには、あらゆる層をカバーする圧倒的な製品数を今後も出し続けていかねばならないだろう。だが今までのSamsungは動きの速さが裏目に出て、その場しのぎともいえる製品乱発が相次いでしまった。

S/A/E/Noteと製品ポートフォリオをすっきりとさせ、個々の製品が明確なポジションやターゲットを持った今、Samsungのスマートフォン事業はようやく反撃に出れる体制が整ったと言える。あとはアジアを中心に数が増えている、100ドルを切る「超低価格スマートフォン」にどう対抗していくのか、エントリーモデルの製品展開にも注目したいものだ。

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー
IoT品質検証

関連記事

160602_006

スマホ減速のシャオミ、アクセサリはトレンド最先端を走る

世界のスマートフォン市場の話題を独り占めした時期もあった中国の新興メーカーXiaomi(シャオミ)。

記事を読む

WR171002_04

電源不要のIoT、「Enocean」の可能性|山根康宏のワールドモバイルレポート

超低消費電力(Low Power)で利用できる広域ネットワーク(WideArea)、LPWA規格に

記事を読む

大手3事業者はLTEでも激しい加入者獲得合戦を繰り広げるだろう

見えてきた台湾のLTE時代 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

国を挙げてWiMAXを次世代高速通信規格として推進していた台湾。そのためLTEの導入は他のアジア各国

記事を読む

いよいよ発売開始されるApple Watch(Apple Webサイトより)

子どものうちにウェアラブル洗脳せよ?!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このところ、ウェアラブルやIoTに関するテーマについてディスカッションする機会が増えています。ウェア

記事を読む

VoLTEによる音声通話の音声周波数帯域は50Hz~7kHz。低音域から高音域までの幅が広がった(NTTドコモ・2014夏モデル発表会にて)

VoLTEの通話品質を試してみた!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

6月19日に掲載させていただきましたコラム(モバイルネットワーク進化の鍵となるVoLTEの導入)にも

記事を読む

160901_02

日本市場での戦略を大きく変えるASUS、ZenFone 3は「脱・格安スマホ」を目指す|山根康宏のワールドモバイルレポート

「ZenFone 3 Deluxの価格は8万9800円」。日本の発表会のために来日していたASUSの

記事を読む

004

NuAns NEOがAndroidになって登場!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

かつてガラケーの時代には、新モデルが登場するたびにワクワクしながら、誰よりも早く実機を入手すべく、発

記事を読む

161201_02

LEDライトで文字表示もできる!最新のペット用ウェアラブルデバイス製品|山根康宏のワールドモバイルレポート

ここのところスマートウォッチの話題が低調なウェアラブルデバイス市場。腕時計型の小型デバイスでは出来る

記事を読む

アルカテルの最新モデル、OneTouch Hero2

様々な組み合わせが楽しめるアルカテルの最新スマホ|山根康宏のワールドモバイルレポート

ヨーロッパやアジアのみならず、最近では日本にもSIMフリースマートフォンを投入したアルカテル。その最

記事を読む

170501_03

ウェアラブルデバイスでモバイルペイメントに挑む北京の事業者|山根康宏のワールドモバイルレポート

中国では今や誰もがスマートフォン片手にキャッシュレス生活を送っている。わずか1-2年の間にアリババの

記事を読む

ウェブレッジ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
PAGE TOP ↑