これからのスマホ、これからのウェアラブル|池端隆司のモバイルジャンクション

みなさん、こんにちは池端です。
突然ですが最近、コンピューターの歴史を振り返る機会がありました。ハードの進化、ソフトの進化、そして一番大きな進化はネットワーク技術の向上に伴う進化ではないでしょうか?
現在、急速な普及率を示しているスマートフォンも同じです。パソコンの歴史を振り返って見ると現在のスマートフォンにも当てはまる部分が多々あります。コンピューターの機能、性能が上がりあらゆる情報がコンピューターに集約されていく時代がありました。その後クラウドサービス、WEBアプリと外部に情報を置く技術が発展し情報が拡散されています。
これは現在のスマートフォンも同じで、あらゆる情報や機能がスマートフォンに集約されていく時代から外部に拡散していく時代になってきています。
例えばDorpboxやEverNoteなどのクラウドサービスが有名です。

DorpboxとEverNoteのアイコンが写っているスマホ画面

DorpboxとEverNote

WEBアプリも各OSメーカーが力を入れているポイントです。先日KDDIから発売されたfirefoxスマホことFx0が代表的ですね。

firefoxスマホことFx0

firefoxスマホことFx0

スマートフォンから情報のインプット、アウトプットの拡散

この繰り返す歴史ですがスマートフォンはコンピューターと少し異なる発展をしてきています。ここからは私の予測も交えてお話していきたいと思います。

スマートフォンが発売され、様々な形状の物が出てまいりました。
初めは迷走しており変わったもの多かったのですが、今現在はほぼ全ての端末が板状のものに落ち着いてまいりました。(その反面、面白みは無くなってしまったのが残念ですが。。)

様々な形状のスマホが発売されていた。

様々な形状のスマホが発売されていた。

この形状の変化が落ち着き、スマートフォンのハードウェアのスペックも上がり完成系が見え始めた近年、扱う情報が多様化し手のひらに収まる端末では情報をアウトプットすること、インプットすることが難しくなってきました。
例えばディスプレイ。様々な形状のデバイスが外部ディスプレイとして発表されています。
代表的なものでいうと先日、ベータ版で販売を終了し今後の展開を正式に発表しないまま米国Playストアの販売の終了したGoogle Glassこちらが目新しいでしょう。
ただの外部ディスプレイでは無くUI、UXを考え、適切な情報を表示させるディスプレイとなりました。
Google Glass
その他にも先日、ポストコラボにて掲載された山根氏の記事内にある「OneTouch Hero2」と連携する「E-Card」もこの外部ディスプレイにあたるでしょう。
そして近年、目まぐるしい変化を遂げているのがヘルスケア商品。
代表的な機能で言うと脈拍の計測など、生体情報を取得する外部アクセサリーが数多く販売されています。
昨年ほどまではスマートフォンに搭載されたセンサーにて生体情報を取得する事が多かったのですが、今後は外部アクセサリーで取得することが支流となるでしょう。

カメラレンズの下に脈拍のセンサーがついてるGalaxy Note Edge

カメラレンズの下に脈拍のセンサーがついてるGalaxy Note Edge


「Galaxy Note Edge」の様に端末にセンサーが内蔵されているモデルも今まで発売されてきましたが、これからはより自然に快適に実行する為に外部アクセサリーにこのようなセンサーが組み込まれる様になっていくと思われます。
時計本体の裏面にセンサーが組み込まれ自然に計測が可能

時計本体の裏面にセンサーが組み込まれ自然に計測が可能

スマートフォン独自の進化

上記で述べたようにスマートフォンから様々な機能が拡張し、より快適な状態でアウトプットされていく事で身に付けるデバイスとしてウェアラブル端末が今後更なる進化をしていくことが予想されます。

このような発展の中、面白い取り組みを見せているメーカーがあります。
Bluetooth連携機能を載せた腕時計メーカーのカシオです。
今まで発売されたラインナップを見ると他で販売されているスマートウォッチとは異なり、あくまでの腕時計にBluetoothを搭載させメール、電話の着信確認や置き忘れ防止機能など必要最低限にし、G-SHOCKのインターフェイスでそれらを操作出来るデバイスを発売してきました。
時計メーカーとしてのこだわりが感じられる腕時計としてのコンセプトを崩していない最先端“腕時計”でありました。

カシオBLUETOOTH

カシオBLUETOOTH WEBサイト

今回更に「時計メーカー」としてスマートウォッチの流れに良い形で逆らった腕時計が販売されました。
それがこの「EQB-500」という腕時計です。

カシオ EQB-500

カシオ EQB-500 WEBサイト

この時計ですが基本的にはアナログ時計のスタイルとなります。先ほど記載したBluetooth G-SHOCKより更に腕時計に特化しています。
基本的な機能はソーラーパネルを搭載したアナログ時計でスマートフォンと連携して時刻の自動補正、ストップウォッチの計測データの転送、Eメールの確認、携帯電話の探索です。スマートウォッチとして考えるとほぼ最新の機能は搭載していません。
しかし、今までのスマートウォッチはスマートフォンの機能の拡張に過ぎず、スマートフォンで表示される情報を腕時計で表示させる為のものだったのに対し、このEQB-500はその逆スマートフォンで腕時計の機能を操作するものなのです!

本来、時刻調整は腕時計で行っていましたが、この時計はスマートフォンから専用のアプリケーションを用いて行います。スマートフォンのネットワークを利用して、自動で修正した正確な時刻を腕時計に反映させるのです。

携帯電話が発売され腕時計のシェアが減っていきましたが、この腕時計は携帯電話で時刻を確認するのでは無く、腕時計という時刻を確認する専用デバイスを改めて再認識させてくれるものとなりました。

集約された情報を最適なデバイスに拡散し、スマートフォンというデバイスは全ての機能の中心となるコアマシンとして存在し、ディスプレイ、文字入力や画面操作、音、モバイルネットワーク、これらスマートフォンに無くてはならない基本機能すら外部にわかれる可能性だってあります。
数年後には今では想像もつかない形状のデバイスになっているかもしれません。

The following two tabs change content below.
池端 隆司
個人で1,000台以上の携帯端末を保有する弊社の携帯博士。株式会社ウェブレッジに2011年入社し、品質検証事業部の事業部長としてテストチームのマネージメントする他、「携帯電話研究家・品質コンサルタント」として活動。品質管理体制の構築・検証手法の提案、ニアショア・オフショア検証の体制構築提案を実施。そのほか国内、国外の携帯電話市場調査やアプリケーションの企画やアイディアの提案なども行う。 著書に「ディープでギークなスマホ情報―これがスマホ&モバイルの未来だ!?」 (技術評論社 2014年6月)がある。

関連記事

本体が無理なら、ケースにつければいいじゃない!

本体が無理なら、ケースにつければいいじゃない!|池端隆司のモバイルジャンクション

冒頭から脱線します。以前、このコラムにて国内のスマホシェアは7割という数字をご紹介しましたが、201

記事を読む

SUSの顔ともいえるPadFoneだが商業的には苦戦している

シェア奪回を目指すASUSのスマホ新戦略|山根康宏のワールドモバイルレポート

台湾のPCメーカー、ASUSがこの春に発売した『Zenfone』の売れ行きが好調だ。先行販売されてい

記事を読む

『スマート本 スマホについてラップした本』(KUROCK出版)

ラップで学ぶスマホマナー本が出版!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このほど、『スマート本 スマホについてラップした本』(KUROCK出版)という書籍が発売されました。

記事を読む

MM総研「スマートフォン市場規模の推移・予測( 2014年4 月)

地域事情も大きいスマホ普及動向|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

このほど、 POSTCO Lab.にコラムを寄稿させていただくことになりました、木暮祐一と申します。

記事を読む

部屋の家電をスマホでコントロールできるようになるeRemote

自宅で活用したい身近なIoT(その2)スマホから家電をコントロール「eRemote」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

 IoT(Internet of Things = モノのインターネット)ブームに乗って、スマホと連

記事を読む

本体はパーツごとに簡単に分解できる

エコ&アップグレードも容易なFairphone2がいよいよ登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンに故障はつきもの。調子が悪くなった時に自分でパーツを交換できれば便利だ。あるいは使って

記事を読む

「小児救急支援アプリ」起動画面。年齢と性別を選択します

お子さんの急病時にその緊急性がわかるアプリ|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

誰でもが持ち歩いて使っているスマホだからこそ、何か社会に役立つような活用が進むと嬉しいですね。今日ご

記事を読む

いよいよ起動! ちゃんと動作しているようです。DVDディスク挿入口にCDを挿入すれば、当然のことながらミュージックが流れます。映像DVDを入れれば映像もばっちり。車載オーディオとしてはまあ十分でしょう。

車載専用Android端末を使ってみた|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

わが国ではAndroidといえば、スマートフォンやタブレットのOS(基本ソフト)というイメージがすっ

記事を読む

17.3インチのAlcatel OneTouch Xess。どちらの製品も背面に取っ手がついている

超大型タブレットがTVのスマート化を加速、18インチタブレットが相次いで登場|山根康宏のワールドモバイルレポート

タブレットの大きさは7インチから10インチが一般的だ。Appleが11月に発売した『iPad Pro

記事を読む

004

NuAns NEOがAndroidになって登場!|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

かつてガラケーの時代には、新モデルが登場するたびにワクワクしながら、誰よりも早く実機を入手すべく、発

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑