アジアでも人気!auのスマホは海外進出すべき|山根康宏のワールドモバイルレポート

2014年12月24日にKDDIから発表されたスマートフォン「Fx0」はFirefox OSを搭載しスケルトンボディーを採用した特徴的な端末だ。クリスマスに発表されたということもありこのFx0には世界各国からも注目が集まっている。KDDIはFx0を日本でしか販売しないようだが、海外でも十分通用する出来の製品だけにグローバル展開を行うべきだろう。なぜならKDDIのスマートフォンはすでに一部の国で人気になっているからだ。

日本のスマホが海外でも人気

スマートフォンが登場するはるか以前から、携帯電話は裏マーケットも含め世界中で流通していた。2Gの時代は独自方式を貫いた日本に対し、海外はGSM方式でほぼ統一されていたため端末は国を超えて流通されていたのだ。SIMロックがかかった端末でも、業者などがあの手この手でロックを外して他の事業者のSIMカードを利用できるようにして輸出や再販を行っていた。日本の端末も他国には無いデザインなどが受けて、3G導入後はアジアを中心に裏ルートで輸出販売され人気となったこともあった。

そして現在。ドコモは有償ながらも自社販売するスマートフォンのSIMロックを解除するサービスを行っている。そのため日本で格安販売されたスマートフォンが、正規にSIMロックをはずして海外に輸出され販売されるケースも増えている。アジアの携帯電話を売る雑居ビルの中には日本のスマートフォン専門店も多い。なお韓国はスマートフォンにSIMロックがかかっておらず、そのまま海外で利用できる。そのため「日韓スマホ屋」を名乗り、日本と韓国の輸入端末を並べて販売する店がアジアでは急増している。

香港の雑居ビル内にある「キムチ屋」という携帯ショップ。日本と韓国のSIMフリースマートフォンを販売。もちろん正規ではなく独自輸入している

香港の雑居ビル内にある「キムチ屋」という携帯ショップ。日本と韓国のSIMフリースマートフォンを販売。もちろん正規ではなく独自輸入している

それらの店の品ぞろえを見ると、サムスン電子、LG、ソニー、HTCといった海外でも人気のモデルの日韓版がずらりと並べられている。日本も韓国もスマートフォンが激安販売されることが多く、海外の正規販売価格を大きく下回る例も多い。例えば2014年12月末からドコモのSO-02G(Xperia Z3 Compact)は契約が必要とはいえ新規一括0円で販売され、アマゾンなどでは本体のみが3万円台で販売されている。これに対して海外でのXperia Z3 Compactの価格は日本円で約5万円台と、大きな価格差がある。日本で白ロムを買って海外で転売しても輸入ショップは利益が出るわけだ。

このように海外では高価なモデルが日韓で安く仕入れられ海外で販売されているほか、日本や韓国でしか販売されていない製品も輸出され販売されている。韓国国内限定モデルの多いパンテックの製品はスタイルがいいこともありアジアでも人気だ。またサムスン電子やLGの韓国向け限定モデルも珍しさもあり購入者は多い。そしてそれらの製品に混じり、最近人気なのがKDDIが販売するisaiの各モデルである。

パンテックの韓国モデルはアジアでも人気が高い。もちろん独自輸入品なので無保証販売だ

パンテックの韓国モデルはアジアでも人気が高い。もちろん独自輸入品なので無保証販売だ

なぜisaiが海外で輸入販売されているのか

KDDIとLG、そしてKom&Coが共同開発した初代のisaiモデル、LGL22はブルーを基調としたカラーが特徴のスタイリッシュな製品だ。その本体デザインは5.2インチという大きさながらも女性が持ちやすい形状をしている。パッケージの美しさと相まって、他社の製品にはない独特の世界を提供したモデルでもあり、発売時はアジア各国のメディアにも大きく取り上げられた。

とはいえ日本向けの製品であり海外で販売されることはなかった。だが初代モデルは発売がら時間がたったこともあり、最近は日本国内で安価で購入することができるようになっている。それに目を付けた海外の輸入業者が、独自ルートで日本から単独輸入して現地販売を始めているのだ。しかもisaiは他社の製品にはない本体デザインということで、意外にも女性を中心に人気になっている。

香港で販売されるisai LGL22。これも正規の販売品ではないが人気は高い

香港で販売されるisai LGL22。これも正規の販売品ではないが人気は高い

香港の日韓輸入ショップでも、訪れるたびにこのisaiを購入している客の姿を見かける。最近はLGL24など後継モデルが輸入されるケースも増えている。これらの製品は非正規輸入品であり保証は一切ないが、携帯電話の輸入販売はアジア各国では当たり前のことになっている。すなわちこの手の店で売られている製品が非正規品であることは購入者はわかりきっていることなのだ。そして日本でしか販売されなかった限定かつレアな製品を欲しがる客がわざわざ買いに来ているのである。

つまりisaiは海外でも「欲しい!」と思われるだけの、魅力のある製品なのである。ちなみに香港での販売価格はLGL22が2万5000円から3万円前後、LGL24が3万円から3万5000円程度(2015年1月現在)。

ところでKDDIのスマートフォンにはSIMロックがかかっており、有償のロック解除サービスも行われていない。だがそのあたりは専門の解除業者がおり、ロックを外してしまうのだ。逆に言えばロックの外れない製品は海外輸出されることも無いのである。

KDDIはグローバルに端末販売を行うべき

筆者は以前、日本のとある通信事業者の関係者に「日本向けの携帯電話を海外に販売してはどうか」と聞いたことがある。だがその時の回答は「我々はネットワーク会社であり端末メーカーではない」だった。昔から日本では海外から見ても魅力的な端末が多数販売されており、それらを欲しいと願う海外の消費者も一定数いたというのに、勿体ない話である。

だいぶ前の話となるが、2000年台初期にヨーロッパの通信事業者のO2はWindows Mobile OSのスマートフォンを自社ブランドで販売していたことがあった。O2のロゴの入ったスマートフォンは最新スペックを搭載したハイエンド製品が揃っており、ノキアなどの大手メーカーにいきなり対抗する新興メーカーとしてその名前を広げることに成功した。当時のO2は今でいえばアップルやグーグルのような、非常に最先端を行くブランドでもあったのだ。

自社ブランドでスマートフォンを多数リリースした欧州の通信事業者のO2

自社ブランドでスマートフォンを多数リリースした欧州の通信事業者のO2

KDDIは以前からもau design projectやiida projectを通じて特徴的な製品を数多く送り出してきた。その範囲は端末だけに留まらず、葉っぱのついたケーブルなどおしゃれなアクセサリにも広がっている。これらの製品が日本以外にもKDDIの名前、あるいはiida projectを通して海外展開されれば、KDDIのブランド力はグローバルでより高まることが期待できる。しかも日本メーカーの海外展開が苦戦する中で、KDDIの独自製品は日本の製品開発力を海外に大きく誇示できるものにもなるだろう。

SIMロックを外し限定でもいいから海外販売してほしいFx0

SIMロックを外し限定でもいいから海外販売してほしいFx0

もちろん海外での販売と一言で言っても、販路、サポートなどクリアすべき課題は山積みだ。だがスマートフォンのコモディティー化が進む中、差別化された優れた製品を求める声は世界中で高まっている。まずはFx0の限定数を、SIMロック解除したうえでオンラインで海外向けに限定販売してみるのはどうだろうか。恐らく一瞬で売り切れるほどの人気になることは間違いないだろう。様々な事業展開拡大を行っているKDDIだが、そろそろ端末事業の国際展開を考えてもいいのではないだろうか?

The following two tabs change content below.
山根 康宏

山根 康宏

香港在住15年。海外展示会取材や海外市場調査のため1年の半分を 海外で過ごす。2003年に前職を退職し同年に携帯電話研究家として独立。 香港を拠点にフリーランスの活動を開始する。消費者目線でのコラムやレポートを執筆する他、 コンサルティング活動も行っている。 週アスPLUS『山根博士の海外モバイル通信』、 ITmedia『山根康宏の中国携帯最新事情』、CNET『中国トンデモケータイ図鑑』など、 メディアでの連載多数。 携帯電話をこよなく愛しており、海外出張時は現地端末やプリペイドSIMを必ず購入、 それらのコレクターでもある。 収集した海外携帯電話の台数は約1300台、SIMカードは約500枚(2014年6月時点)。 株式会社ウェブレッジ社外アドバイザー

関連記事

190608_01_000

スマートウォッチは機能からデザインへ、腕時計メーカーの存在感も高まったIFA2016|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンと接続して連携操作ができるスマートウォッチ。一時は毎月のようにスマートフォンメーカ

記事を読む

NanoSenseの自己発電パネル。太陽電池を使うので電源への接続は不要だ

太陽電池給電のタッチパネルモニター、充電不要タブレット実現の可能性も|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォンと併用してタブレットを使っている人も多いだろう。タブレットは本体サイズが大きいこともあ

記事を読む

eyecatch_vol2

【トークセッションVol.2】ウェアラブル、IoT、モバイルのココだけのハナシ

株式会社ウェブレッジは東京ビッグサイトで開催された、「Japan IT Week春 第9回 We

記事を読む

中国移動香港は中国大陸の中国移動の完全子会社

無料通信分を他人に販売できる香港のサービス|山根康宏のワールドモバイルレポート

スマートフォン購入時、最近では機種変更よりも新規契約したほうが安上がりなことが多い。そのため1人でも

記事を読む

「JAL Countdown」アプリの画面。当日搭乗予定の便があれば、その搭乗便の運行情報や出発10分前までの時刻がカウントダウン表示されます

JALが国内主要空港でiBeaconの本格活用を開始|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

アップルの「iBeacon」の活用が、いよいよ本格化してきそうです。iBeaconは、iPhone

記事を読む

Lenovoの会員向けにサービスを開始したLenovo MVNO

端末だけでは商売にならない?中国で進むスマホメーカーのMVNO事業|山根康宏のワールドモバイルレポート

Lenovoは2015年10月26日、中国でMVNO事業(Mobile Virtual Networ

記事を読む

160902_001

この発想は無かった!アナログ時計とスマートウォッチを一体化させた、両面腕時計は登場するのか|山根康宏のワールドモバイルレポート

2016年9月にベルリンで開催された家電とIT関連展示会「IFA2016」では多くのスマートウォッチ

記事を読む

0101

電子ペーパー搭載のデュアル画面スマートフォンが発売 | 山根康宏のワールドモバイルレポート

ロシアのYota Deviceからデュアルディスプレイのスマートフォン「YotaPhone」がヨーロ

記事を読む

ワイモバイルが発表した「Heart 401AB」(エイビット製)

フィーチャーフォンの新たな進化系となるか「AQUOS K」|木暮祐一のぶらり携帯散歩道

1月19日、auが2015年春モデルの新製品発表を行いました。当日は「INFOBAR A03」「AQ

記事を読む

海外ではメジャーになりつつあるマルチSIMカードサービス。複数端末を1回線で利用できる

ウェアラブルやIoT時代に必須のマルチSIM契約サービス|山根康宏のワールドモバイルレポート

今やスマートフォン1台あれば何でもできる時代だが、ルーターやタブレット、スマートウォッチなど複数の端

記事を読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク
  • RSS
  • Feedly
PAGE TOP ↑